• このみ薬局

チャイニーズレストランシンドローム


1960年代、アメリカで名づけられてこの病気。頭痛や動悸、発汗、顔面紅潮など様々な症状が出てきます。中華料理店で食事したアメリカ人がこのような不快な症状を一斉に訴えた。何が原因なのか調べたところ、なんと、「グルタミン酸ナトリウム」だったということです。

このグルタミン酸ナトリウム。みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?

化学調味料に含まれていたり、昆布のうま味成分など色々なものに含まれています。

味の素なんかは有名です。

また、食品の裏表示を見ると、「アミノ酸等」と記載されているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか?

チャイニーズレストランシンドロームもあったこともあり、一時はグルタミン酸ナトリウムは危険だ。と騒がれていましたが、今の忙しい日本では、様々な食品。いや、インスタント食品、外食、冷凍食品、だしの元、お鍋の汁、などなど便利なものにはほとんど添加物として入っているのではないでしょうか。ポカリスエットにさえ、アミノ酸記載があるではないですか。

なぜ。こんなにも、グルタミン酸ナトリウムが使われているのか。

「美味しいから」であります。

脳が美味しいと錯覚するのです。この錯覚が恐ろしい。味覚を、狂わせ、しまいには、頭痛や動悸など人体にとって不快な症状さえも発生させるのです。

東南アジアの野犬狩りには味の素を使用するそうです。野犬が味の素を食べるとフラフラになるそうです。そうして野犬を捕獲するのですね。

この事実を知ったのは、私がいつも漢方を教えていただいている先生方に教えていただきましたが、野犬に使用するほどだったのかと驚愕した覚えがあります。

恐ろしくもなりましたが、非常に納得もしました。

子供が小さい時から食べているかと思うとぞっとすらします。

この機会に、天然だしをとってみませんか?うま味が凝縮されて、とーっても美味しいです。だしを濃くとれば、お醤油や塩など塩分に頼らなくもなります。地球の恵みを上手に取っていきたいですね!

話はコロッと変わりますが、私は先日、八丈島に行ってきました。

一泊でしたがお天気にも恵まれ、素晴らしい時間を過ごすことができました。八丈島は独特の文化のある島です。何といっても、人々が素晴らしく、人間とは、日本人とは、助け助けられ生きていくものなのだなとしみじみ感じ、人として自分はどうなんだと学べる島です。

海はどこまでも青くて、空気がすーーーっ美しく。お魚は新鮮で。たこうな。やっぱり好きだなと思いました。美味しいものも山ほどあって。

そんな休日を過ごすことができて、今週もパワー全開です。

明日は祝日ですね。皆様はいかがお過ごしになりますか?私は今晩、熱燗でいっぱい。ゆっくり。ゆっくり。子供たちと海の話をしようかなと思います。


最新記事

すべて表示

久々のブログになってしまいました。暑いです。セミが鳴いていますね。元気です。 さて、夏に大活躍をする漢方薬はいくつもありますが、一つご紹介。 五苓散。よく二日酔いなんかに使うよ・・っという方はいらっしゃるかと思いますが、五苓散は非常に夏場の強い味方なのです。熱中症対策になる薬方です。 五苓散の熱中症対策。簡単に書きますね。 五苓散は、細胞や血液に水分をまわしてくれます。体の水分調整をしてくれるので

消毒薬

お問合せをいただいております消毒薬。ありますのでご連絡いただければお取り置しています。 先日は茨城南青年会議所さまよりご相談をうけ、消毒薬セットをお作りしました。 アルコールがない中で、なにを使えばいいのか。次亜塩素酸は本当安全なのか。 調べ、調べ、調べ・・・そうした中で、みなさまにわかっていただけいるよう、説明書や資料添付して、消毒薬セットをつくばみらい市内の小中学校高校保育園にお配りするものを

宮沢賢治という人

こんにちは。 お休みの日、宮沢賢治と自然の世界っという企画展に行ってきました。 写真などは、インスタグラムにアップしているのでよかったら覗いてみてください。どなたでも見れると思います。 宮沢賢治といったら・・・・ 雨にも負けず・・・ 注文の多い料理店・・・・ 銀河鉄道の夜・・・ といった有名な物語の作者です。 この宮沢賢治。出身が岩手県の石巻。 37歳という、早すぎる生涯をとじるまで。鉱物、昆虫、