• このみ薬局

インフルエンザの予防接種


昨日、ここつくばみらい市では雪の予報が大当たりし、雪がだいぶ降りました。雪だるまや雪合戦を子供たちは十分楽しめたようでした。

やはり子供は風の子なのですね。元気!元気!

さて、話は変わります。

「インフルエンザの予防接種」についてです。

これは、世間でも賛否両論あり、様々な見解があるかと思います。それもあってか、非常にこの時期、どうしたらいいでしょうか?と質問を受けることが多いです。

私は、必要ないと思うとお伝えしています。

インフルエンザウイルスは変幻自在で感染しながらどんどん変化していくウイルスです。こんなに変わり身の早いウイルスに合致するワクチンを作ることは不可能であります。このワクチンではインフルエンザの感染を抑える働きは保証されていないのです。

それよりも、ワクチンには様々な不純物が入っています。近年では、この不純物がアレルギーになる元なのではないか?と言われています。

生後すぐから予防接種の嵐・・・これがアトピーの原因ではないかとも言われていますね。

ワクチンでつけた免疫と、自然についた免疫では全然違う!ということです。麻疹などがいい例で、自然にかかれば、ほぼ一生かかることはないそうですが、ワクチンは10年、20年で効果がなくなってしまうそうです。

現代の日本では、栄養面、衛生面共にワクチンをボカスカ接種しなくても心配ない!国なのです。

こんなにも予防接種だらけで、一体誰が、得をするのかな???

この問題は語れば語るほどに様々な話に飛び火していってしまうので、この辺までに・・・

いよいよ冬本番なのかな・・・

咳、鼻水、発熱・・・と体調が崩れてしまいがちですが、焦ることなかれ。

今年も残すことあと1か月とちょっと。やり残した課題は山のようにある私です。急いでやっても仕方がない。地道にコツコツ。

少しでもお役に立てますように励みますね~。

では!


最新記事

すべて表示

久々のブログになってしまいました。暑いです。セミが鳴いていますね。元気です。 さて、夏に大活躍をする漢方薬はいくつもありますが、一つご紹介。 五苓散。よく二日酔いなんかに使うよ・・っという方はいらっしゃるかと思いますが、五苓散は非常に夏場の強い味方なのです。熱中症対策になる薬方です。 五苓散の熱中症対策。簡単に書きますね。 五苓散は、細胞や血液に水分をまわしてくれます。体の水分調整をしてくれるので

消毒薬

お問合せをいただいております消毒薬。ありますのでご連絡いただければお取り置しています。 先日は茨城南青年会議所さまよりご相談をうけ、消毒薬セットをお作りしました。 アルコールがない中で、なにを使えばいいのか。次亜塩素酸は本当安全なのか。 調べ、調べ、調べ・・・そうした中で、みなさまにわかっていただけいるよう、説明書や資料添付して、消毒薬セットをつくばみらい市内の小中学校高校保育園にお配りするものを

宮沢賢治という人

こんにちは。 お休みの日、宮沢賢治と自然の世界っという企画展に行ってきました。 写真などは、インスタグラムにアップしているのでよかったら覗いてみてください。どなたでも見れると思います。 宮沢賢治といったら・・・・ 雨にも負けず・・・ 注文の多い料理店・・・・ 銀河鉄道の夜・・・ といった有名な物語の作者です。 この宮沢賢治。出身が岩手県の石巻。 37歳という、早すぎる生涯をとじるまで。鉱物、昆虫、