• このみ薬局

嬉しい報告!


こんにちは。

梅雨時期です。梅雨の晴れ間。今日はスッキリしたお天気です。庭のひまわりが一輪だけ咲きました。これからどんどん咲くのかな!楽しみの一つです。

先日のご相談です。

子供の歯の内側に膿がたまってしまっていて、歯医者さんでも、小児科でも、月齢が小さいために切開するにもできないからしばらくは通って様子をみるようにとのことでした。ただ切開しかないだろうとのこ。

原因は転んで前歯をぶつけ、前歯の神経が死んでしまったために、膿が排出できない状況にあり、どんどんたまり、前歯の変色、膿によるにおい、痛みもあるようで、前歯周辺を触ることを嫌がるといった症状でした。

どうにかしなくてはいけません。

普段から、風邪などで、なにかと漢方薬を飲んでくださっているお子様なので、「漢方薬を飲む」ことはとても上手にできるので、早速試飲。

これは飲めるなという薬方を、一つは錠剤、一つは顆粒をお湯に溶かして飲んでいただきました。

5日後・・・・報告。

歯のふくらみがなくなって、口臭ががなくなってきた。

10日後・・・・歯の色の変色が明らかに減ってきている

2週間後・・・・膿がしっかり出され、変色もなくなってきて、かなり調子がいいようです。

まだ服用中です。

もうそろそろ、いらないな~っと思っているところです。

無駄な切開をしなくて済んだ。無駄な麻酔などの治療がなくて済んだと。わたしもほっとしました。

やはり、小さなお子様でも、お若い方でも、年齢は関係なく、その方の不都合が治っていくのは嬉しいものです!よかった~!!!!!やったね!

そんな嬉しい報告でした!

漢方薬ってこんなに効くのですね~。知りませんでした~。

この言葉がここち良いこの頃。そう!漢方薬ってこんなに効くのです!!!とみなさまに伝わればいいなと心から思います。

やはり、そのためには、丁寧に。丁寧に。一つ一つを丁寧に。

がんばりたいと思います。さあ。勉強勉強。また勉強です!

では。では。


最新記事

すべて表示

久々のブログになってしまいました。暑いです。セミが鳴いていますね。元気です。 さて、夏に大活躍をする漢方薬はいくつもありますが、一つご紹介。 五苓散。よく二日酔いなんかに使うよ・・っという方はいらっしゃるかと思いますが、五苓散は非常に夏場の強い味方なのです。熱中症対策になる薬方です。 五苓散の熱中症対策。簡単に書きますね。 五苓散は、細胞や血液に水分をまわしてくれます。体の水分調整をしてくれるので

消毒薬

お問合せをいただいております消毒薬。ありますのでご連絡いただければお取り置しています。 先日は茨城南青年会議所さまよりご相談をうけ、消毒薬セットをお作りしました。 アルコールがない中で、なにを使えばいいのか。次亜塩素酸は本当安全なのか。 調べ、調べ、調べ・・・そうした中で、みなさまにわかっていただけいるよう、説明書や資料添付して、消毒薬セットをつくばみらい市内の小中学校高校保育園にお配りするものを

宮沢賢治という人

こんにちは。 お休みの日、宮沢賢治と自然の世界っという企画展に行ってきました。 写真などは、インスタグラムにアップしているのでよかったら覗いてみてください。どなたでも見れると思います。 宮沢賢治といったら・・・・ 雨にも負けず・・・ 注文の多い料理店・・・・ 銀河鉄道の夜・・・ といった有名な物語の作者です。 この宮沢賢治。出身が岩手県の石巻。 37歳という、早すぎる生涯をとじるまで。鉱物、昆虫、