• このみ薬局

炙甘草湯


『しゃかんぞうとう』

漢方の世界は難しい漢字が沢山でてきます。何と読むのかわからないまま、読み進めてしまうものもあるくらい・・・パソコンで打ち出そうものなら苦労苦労・・出てこない。

炙甘草湯、心臓の漢方です。疲れたー。は~疲れた!もー、しんど!!あ~嫌になっちゃう!っという漢方。

夏場はやはり外が暑いので。。。といっても今年は日照不足でしたね。なんだか寂しい夏だったな~。話がそれましたが、夏場は外が暑いので、汗をだらだらだして、息をは~は~させて、ばってばて。そんなときに出番がくる炙甘草湯。

炙という漢字がでてくるように、これは甘草を炙ったものが入っています。生姜。桂枝。麻子仁。大棗。人参。生地黄。麦門冬。阿キョウ。こんなものたちが、色々入っているのですね。

元気のでそうな生薬が並んでいます。

何故、炙甘草湯を書こうかと思ったかといいますと、先程、私自身が飲んだからです。

「あ~疲れた!は~疲れた!」と連発していた本日の午後。

なんだか、ぜーぜー言っちゃってるし。どうしたんだ?と思いながら、ふっと炙甘草湯を飲んでみましたよ。

よかった~。おいしい~。これで、私のダルダルなだるさは救われました。これまた、合っていないときはくっさくて飲めないのですね・・・なんとも不思議です。

そして、元気になった私は、また、明日のラジオ体操にむけて、ゆっくりビールでも飲んで、寝ようと思います。

長かった夏休み。

もう、あと数日・・・・

ラジオ体操もやりきれそうだし、この夏はがんばったような気がします。

皆様も、夏ばて?これって夏ばてなの???っていうとき。炙甘草湯、いいかもしれませんね~!元気がでますぞ!

ではでは。また、夏休みが終わり、ほっとした頃、書こうかな。よかったらまた。


最新記事

すべて表示

久々のブログになってしまいました。暑いです。セミが鳴いていますね。元気です。 さて、夏に大活躍をする漢方薬はいくつもありますが、一つご紹介。 五苓散。よく二日酔いなんかに使うよ・・っという方はいらっしゃるかと思いますが、五苓散は非常に夏場の強い味方なのです。熱中症対策になる薬方です。 五苓散の熱中症対策。簡単に書きますね。 五苓散は、細胞や血液に水分をまわしてくれます。体の水分調整をしてくれるので

消毒薬

お問合せをいただいております消毒薬。ありますのでご連絡いただければお取り置しています。 先日は茨城南青年会議所さまよりご相談をうけ、消毒薬セットをお作りしました。 アルコールがない中で、なにを使えばいいのか。次亜塩素酸は本当安全なのか。 調べ、調べ、調べ・・・そうした中で、みなさまにわかっていただけいるよう、説明書や資料添付して、消毒薬セットをつくばみらい市内の小中学校高校保育園にお配りするものを

宮沢賢治という人

こんにちは。 お休みの日、宮沢賢治と自然の世界っという企画展に行ってきました。 写真などは、インスタグラムにアップしているのでよかったら覗いてみてください。どなたでも見れると思います。 宮沢賢治といったら・・・・ 雨にも負けず・・・ 注文の多い料理店・・・・ 銀河鉄道の夜・・・ といった有名な物語の作者です。 この宮沢賢治。出身が岩手県の石巻。 37歳という、早すぎる生涯をとじるまで。鉱物、昆虫、