• このみ薬局

外に繰り出せ!子供たちよ!!!!!


こんにちは。

今年のお天気は気まぐれです。天気予報もなかなかどうした・・・洗濯物もなかなかどうした・・・・

秋って、毎年気持ちがいいよね!すがすがしくって、富士山なんてきれ~に見えたりなんかして!ところが今年はなかなかそんな日がないですね。

お天気のいい日に、養生のお話。

むかしの人はいいました。

「小児は外に出せ」

「小児は碑胃(ひい)がもろくて狭い。ゆえに食べ物に傷つきやすい。つねに病人を保護することと同じように心がけなくてはならない。

小児は腸が盛んで熱が高い。だからつねに熱を恐れて熱を発散させる必要がある。暖め過ぎると筋骨が弱くなる。天気の良い時には常に外に出して、風や日光にあたらせるがよい。このようにして育てると、身体が丈夫になって病気をしない。肌に着せるものは、古い布を用いる。新しい綿は、身体を暖め過ぎてよくない。だから使用してはいけない。」

碑胃とは消化器のことです。

わかりやすいかなっと思いこの文を抜粋してみましたが、今のおこさまは皆さん足腰が弱いそうです。先日の我が家の幼稚園のお便りにこんなことが書いてありました。「筑波山登山について 年々子供たちの体力低下に伴い帰りの時間がずれ込んでいます。朝の集合時間の厳守をお願いします」っと。そして、やはり、筑波山登山の帰りの時刻は1時間遅れました。足腰、体力低下が全国で言われているように日光にあたり、野山をかけずる・・・そんな光景が見られなくなっているのは、子供たちにとって、時代が、文明が、発展して、し過ぎているからなのかな~。

そんなことを、お天気のいい日に思いました。

養生。いつも薬局でお話させていただいていますが、人によって様々です。自分の養生を見つけてほしいな~っと思っております。

とにかくね!今回言いたかったのは、おこさまたちよ!!!TVやゲームばかりではなく!お外にくりだしてごらんよ!!映像の中にはない、素晴らしい風、虫、花、太陽!があるんだよ~。

では。また書きたいと思います。


最新記事

すべて表示

久々のブログになってしまいました。暑いです。セミが鳴いていますね。元気です。 さて、夏に大活躍をする漢方薬はいくつもありますが、一つご紹介。 五苓散。よく二日酔いなんかに使うよ・・っという方はいらっしゃるかと思いますが、五苓散は非常に夏場の強い味方なのです。熱中症対策になる薬方です。 五苓散の熱中症対策。簡単に書きますね。 五苓散は、細胞や血液に水分をまわしてくれます。体の水分調整をしてくれるので

消毒薬

お問合せをいただいております消毒薬。ありますのでご連絡いただければお取り置しています。 先日は茨城南青年会議所さまよりご相談をうけ、消毒薬セットをお作りしました。 アルコールがない中で、なにを使えばいいのか。次亜塩素酸は本当安全なのか。 調べ、調べ、調べ・・・そうした中で、みなさまにわかっていただけいるよう、説明書や資料添付して、消毒薬セットをつくばみらい市内の小中学校高校保育園にお配りするものを

宮沢賢治という人

こんにちは。 お休みの日、宮沢賢治と自然の世界っという企画展に行ってきました。 写真などは、インスタグラムにアップしているのでよかったら覗いてみてください。どなたでも見れると思います。 宮沢賢治といったら・・・・ 雨にも負けず・・・ 注文の多い料理店・・・・ 銀河鉄道の夜・・・ といった有名な物語の作者です。 この宮沢賢治。出身が岩手県の石巻。 37歳という、早すぎる生涯をとじるまで。鉱物、昆虫、